このサイトで使用されている写真、記事の無断転載、使用を禁止します。
©2019 by JAPAN TANZANIA TOURS/ジャパンタンザニアツアーズ. Proudly created with Wix.com

タンザニア基本情報

1) 国名/ タンザニア連合共和国/Jamhuri ya Muungano wa Tanzania/United Republic of Tanzania

2) 首都/ダルエスサラーム (Dar es Salaam)人口436万人(2012年国勢調査)。(名目上の首都はドドマ)

3) 面積/945,087km2(日本の約2.5倍)

4) 気候/概して熱帯サバンナ気候。明確な四季の区別はなく、季節は雨季と乾季に大別される。3月~5月が大雨季、11月~12月が小雨季。最も暑いのは12月~2月で、6月~8月が乾燥して涼しく最も快適な季節である。ダルエスサラームなどの海岸地方は高温湿潤であるが、国土の大部分は高度1,000~1,500mの高原地帯であるため、赤道近く(南緯1~12度)であるわりには意外としのぎやすい。

5) 民族、人口/バントゥー系アフリカ人(スクマ、マコンデ、チャガ、ハヤ、ニャキューサ人など)が圧倒的多数。他にマサイ人など非バントゥー系アフリカ人もいる。海岸部中心にアラブ系との混血。インド系、ヨーロッパ系が少数。人口は、4,493万人(2012年国勢調査)。

6) 言語/スワヒリ語が国語、公用語。全国で話され、通用する。アフリカのなかでは識字率が高い国である。都市部では英語もかなり通用する。地方では各民族語が話されている。

7) 宗教/ザンジバルや海岸部、中央鉄道沿線(旧キャラバンルート)は、イスラームが多数派であるが、内陸の高原地帯などヨーロッパ植民者の影響の強かった地域ではキリスト教も多い。伝統的アニミズムも強く、イスラーム、キリスト教と重層をなしている。都市部にヒンドゥー教、シーク教がごく少数。

8) 政治/1961年12月9日にイギリスの信託統治領から独立したタンガニーカと、1963年12月に同じくイギリスの保護領から独立したザンジバルが、1964年4月26日に合邦して成立した連合国家。1995年の複数政党制による初めての総選挙で選ばれたCCM(革命党)のベンジャミン・ムカパは2期10年務め、2005年からその後任のジャカヤ・キクウェテも2期10年務めた。2015年10月の総選挙でジョン・マグフリが新大統領となった。国会は一院制で、CCMが多数派。ザンジバルには自治政府があり、独自の大統領、内閣、議会を持つ。

9) 主要産業/農業(綿花、コーヒー、紅茶、タバコ、カシューナ ッツ、サイザル麻、除虫菊)、観光 、鉱業(金)

​▼その他の基本情報はこちら

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now