このサイトで使用されている写真、記事の無断転載、使用を禁止します。
©2019 by JAPAN TANZANIA TOURS/ジャパンタンザニアツアーズ. Proudly created with Wix.com

北部サーキット

  • セレンゲティ国立公園 (Serengeti National Park)

  • ンゴロンゴロ自然保護区 (Ngorongoro Conservation Area)

  • マニヤラ湖国立公園 (Lake Manyara National Park)

  • タランギーレ国立公園 (Tarangire National Park)

  • アルーシャ国立公園 (Arusha National Park)

  • キリマンジャロ国立公園 (Kilimanjaro National Park)

 
P1240811.jpg

セレンゲティ国立公園

(SERENGETI NATIONAL PARK)

タンザニアのみならずアフリカを代表する国立公園。ユネスコ世界遺産。1951年タンザニアでは最初の国立公園に指定された。北部サーキットの中心。地名はマサイ語の「果てしない草原」から来ているように、典型的な大サバンナが広がり、ケニアのマサイマラ草原に連なり、雨季の訪れに伴う150万頭と言われるヌーとシマウマの大群の大移動(マイグレーション)と、それを追うライオンの多さで有名で、「野生の王国」を形成している。

 アクセスは北部の中心地アルーシャからで、車で8~9時間、軽飛行機で1時間。面積は14,763km2。悠久を感じさせる広さで、出来れば3泊以上滞在したい。入園料$70.8(VAT18%込み)。
 公園北部を横断して、ムソマまで舗装道路を建設する計画が数年前からあり、マイグレーションを分断し、環境を大幅に変更・破壊するものとして、環境保護運動の強い反対がある。

ンゴロンゴロ自然保護区
(NGORONGORO CONSERVATION AREA)

アルーシャからセレンゲティ方向へ向かって4時間。セレンゲティと隣接し、同じ生態系を共有している。世界遺産。ンゴロンゴロクレーターの中には多くの動物が安定して住んでいるので、(キリン以外は)1年中確実に見られる。クロサイを見ることが出来るのは、タンザニアではここだけ。面積8,300km2。入園料$70.8/日(VAT18%込み)。クレーターサービス料$295/車(VAT18%込み)。

 またここは国立公園ではないので、遊牧民マサイが伝統的な生活を送りながら、野生動物と共生している。多少観光的になっているが、マサイのボマ(部落)を見学することも出来る。

 この保護区内に、オルドヴァイ峡谷やラエトリがあり、人類発祥の地の一つと言える。オルドヴァイは1959年ルイス&メリー・リーキー夫妻がアウストラロピテクス・ボイセイの化石骨を発掘したことで知られ、現場には発掘当時の地層を示す断層が残され、小さな博物館がある。

ngorongoro.jpg
ゾウ雨-s.jpg

マニャラ湖国立公園
(LAKE MANYARA NATIONAL PARK)

面積330km2と小規模な国立公園であるが、ンゴロンゴロ、セレンゲティへの道筋にあるため、訪れる人は多い。マニャラ湖というソーダ湖を中心とした公園で、フラミンゴ、ペリカンなどが多い。2003年はフラミンゴの繁殖が見られたと言う。また森林性なのでゾウも多いが、有名な「木登りライオン」は最近また見られるようになった。ほかではできないナイトサファリができるのが魅力である。大地溝帯の断層がはっきり見られる。入園料$53.10/日(VAT18%込み)。

タランギーレ国立公園
(TARANGIRE NATIONAL PARK)

北部サーキットの一環で、セレンゲティ、ンゴロンゴロ、マニャラ湖と連なるゾウの移動ルートにあるが、最近は周辺の人口増加によって孤島化が心配されている。バオバブの巨木が点在するサバンナと森林とゾウの国立公園である。面積2,600km2。入園料$53.1/日(VAT18%込み)。アルーシャの町から殆ど舗装道路を2~3時間走るとゲートに着くので、時間のない人は日帰りも可能である。

RUAHA3.jpg
カバ-s.jpg

アルーシャ国立公園
(ARUSHA NATIONAL PARK)

タンザニア第二の高峰メルー山(4,566m)を含む137km2の小さな公園。森林と湖、小さなクレーターがあり、アビシニア(クロシロ)コロブスや大小モメーラ湖のフラミンゴで有名である。メルー山登山もモメーラ・ゲートから2泊3日ないしは3泊4日で行われる。入園料$53.1/日(VAT18%込み)。アルーシャの町からモシ方向に幹線道路を走り、途中から山登りをして1時間弱でゲートに着く。大型肉食獣はいないが、キリン、バッファローは簡単に見られる。ウォーキングサファリや、モメーラ湖でのカヌーが可能。

キリマンジャロ国立公園
(KILIMANJARO NATIONAL PARK)

アフリカ最高峰キリマンジャロ山(5,895m)を含む面積756km2。裾野の広がりの大きい休火山で、登山には難しい技術は不要で、子どもでも登れる一方、屈強な男でも高度順応に失敗するといけない。高山病に罹ったら、直ちに高度を下げることである。最も一般的な登山ルートはマラング・ルートで4泊5日のコースになるが、高度順応のため2泊目のホロンボ・ハットに連泊する5泊6日のコースも使われている。最近は登山ルートが開発され、より難しいマチャメ・ルート、ウンブウェ・ルート、ロンドロシ・ルート(全て5泊6日)なども利用されるようになった。入園料$82.6/日(VAT18%込み)。

P1020202_edited.jpg
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now